天雲について

一般的に漆器というと、つややかに研ぎ出された、光沢のある質感を想像されるのではないでしょうか。

上塗りの仕事の一部に“炭研ぎ”という工程があります。せっかく塗ったものをと思われるかもしれませんが、漆を塗っては木炭等で研ぐという作業を繰り返すことで、強度が増す、とても重要な作業です。

“炭研ぎ”によって表れる、つやの抑制された独特の質感や静けさ、美しさにはっとする。奇をてらう新しさではなく、視点を変えることで再発見された美。

京都・西村圭功漆工房、西村洋子監修による天雲「tenun 」のコンセプトを体現する「炭研ぎ sumitogi 」は、この感動を発端に、引き算の発想から生まれました。
従来の漆器の概念を超え、現代に通ずる用を見据え、普遍的な形を求めてまいります。

日々の暮らしの中で、そして特別な場面に、さまざまにお使い頂ける器を揃えました。末長くご愛用頂けましたら幸いです。

西村圭漆工房は、京都を筆頭に日本各地の職人と協働し、上塗りを専門とする塗師として、三代にわたりその技術を受け継いでいます。

西村圭功漆工房
http://www.keikou.jp

炭研ぎの技法について

うつわの土台となる木地は、京都の特徴を活かした仕上がりになるよう、轆轤で薄く繊細に挽き上げ、成形します。
一般的な漆の下地を付けず、木地に漆を何度も直に塗り込むことで強度が増し、木地のくるいが生じた場合も、剥離、割れ、欠けを防ぐことが出来ます。
この塗りの間に、木炭等を用いた研ぎの仕事が入ります。塗っては研ぐ作業を繰り返し、通常の上塗りに相当する最後の塗りを施した後、再び表面を研いで仕上げます。
全ての工程は職人の手によって丁寧に行われます。

  • img1
  • img2
  • img3
  • img4

素材

漆/ウルシ/lacquer

欅/ケヤキ/zelkova
水目/ミズメ/cherry birch
銀杏/イチョウ/ginkgo
椹/サワラ/chamaecyparis pisifera
皁莢/サイカチ/Japanese honey locust
栂椹/トガサワラ/Japanese douglasfir
黒檀/コクタン/ebony
桑/クワ/mulberry

作り手

<塗り>
中川寧子
水内倫子
長屋綾乃
西村圭功漆工房

<木地>
高田晴之
木地工房 佐竹一夫
寒長正造
木漆工をき 田中俊也・千恵美

ウェブサイト

<写真>
伊藤信
市川靖史

<料理>
宍倉慈